ハイボールズはツーリングに関する情報サイトです。

牡鹿半島2010

ツーリングレポート2010

牡鹿半島2010

やっと春がやってきました。
3月になり暖かい日が何日かありましたが、せっかくの休日にはなぜか雪が・・・
日ごろの行いがどうかななんて思いつつじっと待つこと3週間。
やっと雪の心配が無い休日がやってきました。

ちょっと遠くに行ってみたいと思い距離・眺めともに申し分ない牡鹿半島に行ってきました。
牡鹿半島2009でも紹介していますが、牡鹿半島はバイクで走るにはとてもよい場所です。
ご当地グルメも復活したいところですが、午前中は氷点下?なんて予報だったため午後の出発となったため、牡鹿の海の幸グルメ泣く泣くあきらめました。

今回のルートは牡鹿半島2009の時とは逆回りで女川からコバルトラインを鮎川に向かい、帰りは渡波に抜けて石巻に戻りました。

コバルトラインは昨日雪が降ったらしく、山の上の方はなんだか白くなっていました。
近付くにつれ確信に変わり「道路には行き無いよな」と願いながら登っていくと、道路が融雪剤で真っ白くなっていました。
この気温(5℃以上は確実にある)なら大丈夫と思い快調に登っていきました。

コバルトライン駐車場にて

コバルトライン駐車場からの眺め
  
コバルトライン駐車場からの眺め2
  

多いところはもうちょっと積もっていました。

コバルトラインには昨日の雪が

コバルトラインを抜け御番所公園へ

やっぱり眺めはここが最高です。

御番所公園駐車場からの眺め

ここでバーベキューしたら最高でしょうね。

御番所公園案内図

御番所公園からの帰り道

眺めは最高ですがカーブが急なため景色に見とれないように要注意です。
御番所公園からの帰り道 この先急カーブのため景色の見すぎは要注意

鮎川の海水浴場

海沿いの道をバイクで走るのは海の幸を味わうのに負けないくらいの贅沢な時です。
鮎川の砂浜

帰りに寄った月の浦

政宗の密命を持ってローマへ向かった支倉常長

月の浦 支倉常長像
  
何を思い出航したのでしょうか?
  
支倉常長像の説明
  
支倉常長の航路

支倉常長が出航したといわれる月の浦

月の浦

こんな感じ春の牡鹿半島を体感してきました。
帰りの温度表示では3℃の場所がありました。
どうりで寒いはずだと思いながら何とか帰宅し、すぐに熱い風呂へ
あまりに気持ちよくて思わず寝てしまいました。
なんて贅沢な一日、バイクを買ってほんとに良かったと思いながら今回のレポートはここまで

牡鹿半島はすごく良いコースのためこれからもいろんな季節のレポートをしていくと思います。
今度は動画で牡鹿半島ツーリングの良さを伝えられるようにたくらんでいます。

牡鹿半島2009

a:2236 t:1 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.51
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional